徒然日記

-社壊人の物語-
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
旅立ちの時
新しく作ってみました。

Click here.
| Diary | 02:31 | comments(6) | trackbacks(0)
お前らおかしいよ
ルシオラ「しんたろうさん怖い(´;ω;`)」


まぁちがいない。



そういや犬のぬいぐるみの話になるけど、浩康の彼女は
どうやって見分けをつけているかと言うと


浩康彼女「この子は鼻の部分がちょっと小さいの。」

浩康彼女「この子は目が(ry」


┐('_`)┌ わかんね


そしてしんたろうのビリヤードもおかしい。
なんでそんなを狙うんだよ!
しかも入るし。

的球が,箸△覆里貿_燭豊に当てるか考えるしんたろう。


┐('_`)┌ おてあげ
| Diary | 14:17 | comments(1) | trackbacks(0)
人聞きわりぃw
なんつーこと言うねんw
それやったら俺危ない人やんけー
ルシさんはあれのおかげで一回り強くなったんやし
オーケイやろー
ルシさんは俺のフォローしといてな^^

ゲーセンでそんなに取るん大変やったやろ・・・
俺UFOキャッチャーばり苦手やねん。
格ゲーもコントローラとちゃうとできひんし・・・
ゲーセンは金使うだけやと思ってるからあんまいかへんねんなー
うるさいのも苦手やし。

あとゲーセンってなんか絡まれんねんな。
結構俺の嫌いな人種がいっぱいおるから
そういうの軽視してるとなんか絡まれんねん><
平和主義者の僕は逃げますよ?ヘヘ
喧嘩は中学までです。

だからってうるさいところ全部嫌いってわけじゃないねんけどなー
ボーリングもカラオケもすきやし。
一番のはまりはビリヤードやけどな。

静かなところってあんまりないよなー
自室とかは本読むのに最適な感じがする。
マクドで読書もたまにやるけど、人がチョロチョロするし気ーちるわ
ノンビリ、ノンビリ、生きれたらサイコーやねんけどな。
そういうわけにもいかんから毎日少しずつがんばるゎー

追記
俺の紹介欄ひどいんちゃう?www
浩康が勝手に晒しおったw
まぁえーけどさw
| Diary | 22:08 | comments(1) | trackbacks(0)
ウヘヘ
しんたろうが あらわれた。


しんたろうは いきなりおそいかかってきた。


しんたろうの こうげき。


るしおらは ないてしまった。
| Diary | 15:32 | comments(0) | trackbacks(0)
猟奇的な彼女。
その犬ちゃうちゃうちゃうんちゃうから、
もってっちゃダメよ。

UFOキャッチャーで25匹取るの大変だったんだから。
持って帰るとき、ゲーセンのにーちゃんビックリしとったわー。

↓その犬。

| Diary | 07:55 | comments(0) | trackbacks(1)
ペースがちげぇ
女の方が大概遅いし、あんまり待たせへんなー
むしろ俺が待ってることのが多いわw

あの犬可愛いんやって!mjd
何匹もおるんやしくれったってえーやんかー
でも浩康の彼女、俺が一匹くすねたら
浩康彼女「何番の子がいない〜」
とか言うし怖いわw
なんで全部の犬のヌイグルミの見分けつくねん!



そういや大学のサークル勧誘って懐かしいなぁ
うちは仏教とかはなかったけどなー

けどイメージってのはホンマ重要やと思うときがある。
けどイメージを作ろうとしたら
やっぱりイメージの無いときもあるし、積み重ねやろうなぁ

なんか一つのことで普段からのイメージとは違う所を見せる。
それで「お、なんかちゃうんちゃう?」って思わせる。
それを継続することで、
今悪いイメージがあるとしても、ひっくり返せるんちゃうかな

人のためにやってるんちゃうから
人がもつイメージなんかどうでもいいとか思うこともあるけど、
見てくれてる人からのイメージ悪いってのは
結局その人そのものが悪いってなるし。
グダグダやけどわかるやろ〜

俺はいつも自分自身に自信が持てるような行動を心掛けてる。
自信が持てへん行動になったら、自信がもてるように変えてる。
言動でも容姿でも全部かな

ポジティブシンキン&向上心
これが俺のライフスタイル〜
悩んでたってしゃーないやん?前向き前向きー
| Diary | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0)
説得力 = 内容 * イメージ
大学に入学した2000年の春、
桜の舞い散るキャンパスではサークルの勧誘が活発に行われていた。

当然、きょろきょろしながら歩く私も、
いくつかのサークルに声をかけられる。

そのひとつが、こんな風に声をかけてきた。

お兄さん : ねぇ、人生とは何かとか、考えたことある?

ちょうどそのころ、
大学の進路を決める際に、さまざまなことを考え、
悩んだ時期でもあったため、その言葉は見事に私をそこに引き留めた。

浩康 : えぇ、ありますよ。

お兄さん : お、ちょっと聞かせてよ。


今思えば、そんなものはさっさとスルーしていけばよかったのに。
キャンパスの異様な熱気、エネルギー、何もかもが新鮮だったから、
付き合ってみようと思ったのかもしれない。

所定のブースに連れて行かれ、
とりあえず彼らの話を聞いてみた。

どうやらそこは仏教のサークルで、
私を救ってくださるつもりらしい。

お兄さんA : なんで生きてるの?
お兄さんB : なんで恋愛するの?どうせ死ぬんだよ?

浩康 : それは、〜〜〜〜〜だと思っています。

お兄さんC : でも、親鸞上人はこうおっしゃっているよ。それはね、

浩康 : でも僕はそうは思いません。

お姉さんA : ねぇ、親鸞上人は19年もずっと考え続けた上にそういう結論を出したんだよ?君みたいにちょっと考えただけの哲学少年の言葉と、どっちが正しいのかな?


・・・その後も話が続き、入会させられるような流れになったので、
その場はうまくやり過ごして逃げるように関係を絶った。

その時の彼らとのやり取りは、非常に悔しくて、
しばらくずっと脳に刻まれていた。


それから5年経った今も、こうして思い出すことがある。

そして5年経った今、思う事は、
例え、内容がなんであれ、その人のバックグラウンド、
つまりその人の実績、またはそれに付随するイメージが、
説得力に力を加えるということ。

悔しいが、19年考え続けた偉い坊さんと、
18年しか生きてない少年の言葉じゃ、
彼らにとっては比較にならなかった。


例えば、
恋愛をしたことのない奴が、
恋愛についてアドバイスをしたところで、
誰がそれに耳を貸すだろう。

努力してこなかった奴が、
必ずビッグになってやると言ったところで、
誰がそれを応援するだろう。


上手く話すと言うことは、
大切なことだと思っている。

しかしやはり、
自分がそれを語るに足るだけの人物であると、
相手に認めさせることも、
非常に重要なファクターなのだ。


悔しいが、そういうものらしい。


時々、あの18歳の春へ、
戻ってみたいと考えることがある。
| Diary | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0)
人の2倍で3倍食べる・・・?
ってことは、
人より食べ終わるのが遅いってことですよね^^

彼女 : しんちゃんまだー?いつまで食べてるのー?
ネオたろう : まぁ、まてって。そうあせんなや。うお、これうまいで。
まじありえへん。まじうまいー。


怖い雰囲気をかもし出してはいるが、
俺の彼女が好きなぬいぐるみを可愛いといって
奪って逃げようとしたのは有名な話。
| Diary | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0)
じゃあ一発目いっとこかー
自己紹介しといた方がえーんかな?

関西人であることは言葉からも解る通りやけど、
関西でも滋賀県という田舎の方に在住。
人の二倍のスピードで、人の三倍は食べるのが特徴。

趣味はストリートファイト(嘘とちゃうのが怖い)
リアルモンクってのはホンマのことや〜
空手初段で受験が来たからやめてしもたけどもっとやってたかったなー・・
喧嘩は中学2年くらいで辞めました('・c_・` )
空手の他は独学で柔道をやってたくらいかな。
高校の柔道の授業で、柔道部のキャプテンを投げ飛ばしたのは有名な話。
バイトの先輩が柔道やっとって、
やるしかないって感じで闘った時は、
大外刈り+顔面寸止めパンチで勝利!
ホンマやめられへん・・・

そんな俺はROではもちろん、チャンピオン。
β2からモンクを待ってたとか言えへんwww
現在80−49。

新入部員が怖がって逃げていくん・・・なんで・・・?
バイトでも新しい子が辞めるン・・・
こんなにやさしいのに・・・
思った事を、正直に言うし、きつい人はきついかもな。
ぶった切りって感じ
その辺詳しくはルシオラさんにでもきいてくだしあ。

いじょー
| Diary | 05:54 | comments(0) | trackbacks(0)
お初です
今日からここでお世話になります、慎太郎です。
ROや日常感じたこと、報告などしていきたいなーと思ってます。
がしかし!
このままじゃつまらんので、
 西  で 書 き ま す !

皆さんよろしゅ〜
| Diary | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE