徒然日記

-社壊人の物語-
<< イレモノとナカミ | main | shall we dance? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
Chapter 利用するものされるもの
最近、”漫画 日本の歴史”を読む機会があって、
幼い頃にはまったくと言っていいほど興味をもてなかった
近代社会のことに触れてみたりしている。

10年前は読んでみてもさっぱり、何も得るものなんてなかったが、
この歳になると、視点も変わる。

非常に面白い。

なぜ、10年前に興味もてなかったのか。
あの頃にこうやってふむふむと読めていたら、
また違った道に立っていたのかもしれない。

閑話休題。

ところで、近代の、
ちょうど19世紀末期から20世紀初頭のあたりを読んでいたのだが、
そう、日本が各国と戦争を繰り広げているあたり。

お上の虚言を国民の大半は疑うべくもなく信じていたわけだが、
今の僕らがその時代に行ったとしたら、どうだろうか。

当然、そうそう騙されないやいって思う。

確かに、例え明らかに非人道的な政策が提唱されたとしても、
今じゃ誰かが確実に声をあげて、それを阻止する。

だから誰もが安心している。


だが、その安心が、目を眩ませる。


まさか、そんなことはしないだろう。
国民が騙されるなんてことはないだろう。
って信じきっている今、
もし、万が一、一部のトップが悪意を抱いた時に、
僕らはそれに気づけるだろうか。
防げるだろうか。

自信がない。


ありえないと思っているからこそ、
あり得る可能性が生まれる。

重要なことは、
ありえないなんてことはありえない、といつも思っていることか。



そうしないと、女に騙される。
ごめんなさい。
| Diary | 13:36 | comments(1) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 13:36 | - | -
コメント
タイトルがFFT・・・!
いや、なんでもないんだ。
| キオ | 2005/05/31 5:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://eno.jugem.cc/trackback/195
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE